コラム,  タイ,  

ゴルフ天国のタイでゴルフ!

いち年中芝生の緑が美しいタイは、ゴルファーにとっても天国です。
ゴルフ旅行もいいけど買い物も観光も重視したいので、ちょっとだけゴルフも体験したい!ということで、バンコク近郊で簡単に行けてプレー代もリーズナブルなUnico Grande Golf Course(ユニコグランデゴルフコース)に行ってきました!

 

タイのゴルフ事情

タイはゴルフ場がとても豊富でネットで検索しても多すぎてどこにしようか迷ってしまうくらいです。
今回はいくつかの条件からユニコグランデをチョイスしました。
まず、グリーンフィーがお安いこと。
ユニコグランデはグリーンフィーが1000バーツでした。
曜日によってはもっとお安く回れるようです。

そして、バンコクに近いこと。
あまり遠いと自力で行くことが困難になるため、送迎付きのパッケージを予約しなければならなくなります。
遠いところはタクシーとの交渉が大変になるんです。
交渉してプレー中も待っていてもらうか、もしくは片道でも往復の代金支払って行ってもらうか、ですがそうすると帰りのタクシーがまた大変です。
ユニコグランデはバンコク中心地からタクシーで30分くらいなので、行きもホテル前から、帰りもゴルフ場から簡単にタクシーがつかまります。しかも150バーツから200バーツ(500円から700円)くらいです。
早朝でしたら渋滞もあまり気にしなくて良さそうですね。
そして、今回はホテルからタクシーで向かいましたが、このゴルフ場はスワンナプーム空港の近くにあるんです。
早朝便で到着して、そのままこのゴルフ場に直行してゴルフしてからホテルに戻りチェックイン、そんな利用の仕方をしているかたも多いようです。
今回私も早朝便で、1時間も早くスワンナプームに到着してしまい(なんと3時台!!!)、ホテルに荷物預けてから、わざわざルンピニー公園の屋台朝ごはんを食べに行ったりと、時間つぶしが大変でしたので、次回はゴルフ場直行とします!(ルンピニー公園のお話はまた別の時に・・・)

ということでホテル朝食をとれる時間より前にホテルを出たので、ホテルの人に行ったら、なんとブレックファストボックスを作ってくれました!!

言ってみるもんです。
ユニコに到着して有難くいただきました。

 

 

タイでのゴルフ予約方法

ネットを検索すると、ゴルフ予約のサイトがたくさんできてきます。
プレイ予約だけのもの、送迎付きのものなどありますが、私はホテルについて天気の様子を見てから、前日にホテルコンシェルジュに直接予約してもらいました。
雨期だったので、スコールに降られるくらいだったらいいのですが、バンコクの大雨は悲惨なので、まずは現地に行ってから、と思いました。
雨期にもかかわらず、滞在中は雨に降られることもなく、快適(すごく蒸し暑かったけど)でした。
夜中、眠っている間に雷雨でしたが、朝にはすっきり!

 

 

ゴルフ場の往復

ということでゴルフ場の往復は当日タクシーを拾うことに。
携帯にGRABのアプリを入れておくと、帰りなどもっと便利です。
ウーバーのような配車アプリです。

 

 

キャディは一人に一人!

キャディをつけずにセルフで回るのが常識なって久しい日本では考えられないことですが、キャディは一人に一人つきます。
ゴルフ場によってはキャディは必須のところもあります。
したがってグリーンフィーの他にキャディフィーが必要になってきます。
途中で立ち寄った茶屋でも、キャディさんには好きなドリンクとか、買ってあげましょうね。

 

 

カートもキャディと2人で乗る

なんと、カートも一人一台です。
基本キャディが運転もしてくれるのですが、カート代も発生します。
カートは必須だったりそうでなかったりなのですが、カートがないのはキャディが嫌がります。
でもカート代も600バーツとかかかるので、節約したい場合は歩いて回ることも。実際私の後ろの組は歩いていました。
「あの人たち可哀そう・・・」と後ろのキャディを憐れむ私のキャディ(笑)
私はゴフルの後、ショッピングを楽しみたかったので、体力温存でカート使用。だってタイは昼休憩なしのスルーでプレーするので、早朝から回った私は10時台には終わってしまうんです。
1日をフルに動き回りたいので、カートはマスト選択でした。

 

 

ここは熱帯動物園!?

これがもうびっくりなタイのゴルフ場。
ここは熱帯動物園ですか!?な動物が出てくるでてくる。
まずは大トカゲ。

近づいて撮影しようとしたらササっと池に入っていきました。
なんと、ワニに出会えることもあるそうです。

 

そして大きな鳥の群れが休んでいました。
近くにいてもどかないどかない。

熱帯だからというわけではないですが、なぜかゴルフ場に牛!

 

いやぁ、のどかです。

そこはかとなく写っていますが、とにかく池なんだか、沼なんだかが多いコースでした。
事前に調べておいたので、日本からいらないボールを持ち込んだのと、前の日にバンコクのゴルフショップでロストボールを調達。
無くしました!!!
どんどん水の中に飲み込まれていくボールたち。。。。
今まで一番たくさんボールがなくなりました。

 

 

キャディにチップも忘れずに

とにかく至れり尽くせりで動いてくれるキャディ。
最初のうちこそ、私がクラブを選んでいましたが、2~3ホール回るうちには、私のだいたいの腕と使うクラブを把握。
何も言わなくても、スッと出てきます。
グリーン上では打つ前に必ず拭いてくれます。
当たり前のことなんだけど、ふだんセルフで回っていると、毎回拭くのとか面倒くさくて、もう芝がついてようが濡れてようが、そのまま叩いてしまうこともままある私。
マッサージのおばちゃんしかり、あまりお給金はもらっていないらしいので、チップはケチらずに。
カート無しだったらもっとあげたなぁ。。。

 

 

バンコクでゴルフ用品を調達するには

今回は前日にバンコクにあるゴルフショップでいろいろ調達しようと考えていたので、日本から持ち込んだものは最小限に。
ウェアもたくさんあるので、好きなものを選べます。
私も一応、ポロシャツとショートパンツ、夏用タイツ、腕カバーなど持っていきましたが、ポロシャツとショートパンツは街歩きもできそうなものを選んでもっていったので、もし何かあれば購入して、気に入ったものがなかったらそれでいこうと。
だから、日本からは靴とグローブといらないボールとサンバイザーくらいです。靴はレンタルもありますが、靴擦れしてもいけないので持ち込みました。
クラブはもちろんレンタルです。もう、「タイでゴルフを経験する」という目的でしたので、スコアは求めていません(笑)女性用のクラブはなく男性用でしたが、そんなに悪いものでも古いものでもなく、特に問題ありませんでした。

バンコクのゴルフショップはタニヤに行くのがベストです。
BTSだとサラデーン、MRTだとシーロムの駅近です。サラデーンですと直結でタニヤプラザに入れますので、便利です。
お値段は、すごく安いかといわれると、そうでもないです。日本とおなじか、高いものもあり、もちろんものによってはとてもお安い。ブランドものとかは日本と大差ないお値段なので、タイ国内で作っているウェアが安くて可愛くていろいろあるので、そんなものを探すのも楽しいですね。

 

 

まとめ

う~~ん今回はBotanical_lifeで、ゴルフに徹してしまいましたが、もし何かのお役に立てたならうれしいです。
それでも大自然の中で過ごせるので、フィトライフは満喫♪

そして、お土産もあります!!

タイ土産プレゼント

今回私がバンコクで購入してきた素敵土産プレゼントします!
プレゼント応募概要は8/1のメルマガにて告知します。
メルマガ登録はこちら!!

 

毎日の暮らしの中に素敵を取り入れる!

無料メルマガ「Botanical Life」に登録!!

植物のある暮らしで素敵生活を叶えるフィトセラピスト吉田まゆみが ボタニカルライフのヒントや実践方法をお届けします。 人気のフィト講座や新着情報など会員様限定情報もいち早く告知させていただきます。 ご興味のある方は下記から無料登録してください。

e-mailアドレス:
お名前: